9:00 - 18:00
毎週水曜・第1・第3火曜
2021年05月11日
ブログ

籾振り(もみふり)初体験(*'ω'*)

こんにちは(^^)/

東上不動産☆賃貸営業サポート☆の今村です(^^♪

 

私の実家はお米を作っているので、

小さい頃から田んぼの手伝いをしていました(*'ω'*)

でも、いつも田植えからの手伝いだったので、

『籾振り』という言葉は知っていたけど、

実際には何をしているのかは知らず・・・

先日、初めて籾振りのお手伝いをしました('◇')ゞ

 

籾振り=お米の種まき

濡れたウールシートを敷いた苗箱(平たいトレー)に

籾、さらにその上に土をかけていきます(*'ω'*)

 

①苗箱を設置する人

②ベルトを動かすレバーをぐるぐる回す人

 ※均等にしないといけないので重要!!

③苗箱を取り上げる人

④中継する人

⑤苗箱を下に積んでいく人

⑥籾と土の補充&苗箱の準備補佐

 

簡単な作業ですが、6人はいないとツライ(-_-;)

ベルトも1度動かし始めたら止めることができないので、

(止めた時点で籾と土が駄々洩れです)

作業が滞らないように自分の仕事に必死(;^_^A

籾振りが終わったら苗箱を移動してきちんと積み上げ

段ボールを載せてブルーシートでくるんで

暖かい環境にしてあげます。

1週間くらいしたら芽がでているので

今度はお水のある場所に移動して苗に育てます。

苗になり、ここで田植えが始まるわけですが、

田植え前にも苗の根切り(けっこう大変)とか必要なんです。

今回の籾振りの前には籾を消毒したり、ウールシートを準備したり、

種まきだけでも大掛かり(;゚Д゚)

 

お米作りって本当に手間がかかるし大変なんですね(;゚Д゚)

これから、もっと大事にお米をいただきます<(_ _)>

 

 

subdirectory_arrow_right

関連した記事を読む

arrow_upward