9:00 - 18:00
毎週水曜・第1・第3火曜
2021年07月29日
ブログ

任意後見制度もあります!

任意後見制度もあります!

 法定後見や、任意後見等、色々あってわかりづらいですね。
法定後見は、認知症になって行う手続きで、任意後見は認知症になる前に、公正証書にて自分が認知症になってしまった時は、後見人になってね、と事前に約束しておく事ができます、お子様にです。
よって、代理権目録を作成して、不動産売買から預貯金の引き出し、要介護認定の申請など記載しておく事です。
また、家庭裁判所にて、任意後見人監督人の選任がされ効力が生じます。

公正証書では、遺言、任意後見人と、過剰な延命治療を望まないと、【尊厳死宣言公正証書】もあります。その方は、植物状態になっても生きていたくないとお話されていました。

公正証書の関しても、お気軽にご相談下さい。

介護予防健康アドバイザー 
認知症介助士
家族信託コーディネイター
終活アドバイザー
サードライフアドバイザー
相続支援コンサルタント
生命保険募集人
遺品整理士・遺品査定士      の前田でした。

この記事を書いた人
前田 伸也 マエダ シンヤ
前田 伸也
東上不動産入社25年目です。賃貸、アパート管理、売買仲介、相続対策何でもお任せ下さい。最善のご提案をさせて頂きます。
subdirectory_arrow_right

関連した記事を読む

arrow_upward