9:00 - 18:00
毎週水曜・第1・第3火曜
2021年01月10日
ブログ

【トラブル】寒い日の朝お湯が出ない!!【給湯器】【対処法】【解決】

東上不動産 櫻嶋です。

 

年も明けて本格的な

『冬』

 

寒波のニュースがあると気をつけなければいけないのが

深夜から朝にかけての

『お湯の利用』です。

 

例えば

 

・遅く帰った深夜にお風呂が入れない・・・。

・朝顔を洗おうとしたけど水だけしかでない・・・。

 

など

 

一見故障とも思えるこの状況は

実はあまりに寒すぎた気温による

『凍結』が原因です。

 

 

どんな時に凍結するの?

給湯器の凍結トラブルは、気温が低くなる時期に起こります。

 

特に

1、2月が多く

外気温が

極端に寒い日や、

(※給湯器には凍結防止装置がありますが風や気温で水温が0℃以下になると徐々に凍結します)

北側に設置している場合には凍結の危険性が高まります。



現在普及している給湯器の多くは、

内部に配管を温めるためのヒーターが装備され

「凍結対策」がなされています。

 

そのため凍結トラブルは給湯器本体では少なく、

外から水を引く水道配管給湯配管がほとんどです。



特に給水管、給湯管、追い炊き管、水抜栓に保温材などで

凍結対策が施されていない場合は、凍結の原因となります。

給湯器が凍結するとどうなる?

給湯器が凍結してしまうと給水管からお湯が出なくなり、

お風呂などに支障が出ます。

 

また凍結した箇所が給水・給湯管の場合、

内部で水が凍結し膨張することで配管にヒビや亀裂が入り、

破裂して漏水につながる恐れがあります。

 

その場合は賃貸の場合

借主負担になるケースは少ないですが

交換となればすぐにお湯を使うことができなくなります。

最悪は交換手配の関係で1週間以上お待たせしてしまうこともあります。

 

給湯器が凍結してしまった時の対応策

ここでは給湯器が凍結してしまった場合、どのように対処すれば良いかをご紹介します。

 

【自分でできる対処法】

まずは給湯器の電源を切り外気温が上昇し、

自然に凍結部分が溶けるのを待ちます。

給水栓から水が出るようになったら、漏水チェックをしてください。

(※ブレーカーを切る事は絶対にNGです)



もし水漏れがするようなら漏電を引き起こす危険性があるので、

給水栓を閉じてすぐに修理業者を呼ぶことをお勧めします。



給水栓を閉めても水漏れが止まらない場合は、

水道メーターの元バルブを閉める事応急処置が可能です。

この場合、すべての蛇口の水が止まりますのでご注意ください。



熱湯をかける、ドライヤーの温風を当てる等で凍結部分を溶かす対処法もあります。

しかし給湯器は電子機器なので、熱湯をかけるのは故障の危険がありお勧めしません。

また温風をあてることも、

保温材やゴムパッキンを劣化させる要因となるのでお勧めできません。

ガス業者にご連絡してください。

給湯器は「お湯を出す」という生活に最も必要な器具であるため

「自然解凍を待つ余裕がない」

「自身ではすぐに故障対応できない」ことがほとんどです。


給湯器が故障したと感じたら、

すぐにガス業者に連絡することをお勧めします。



お湯が使えないのは、本当に緊急事態です。

原則は自然解凍がベストです!

給湯器の凍結というトラブルは、

気温の低くなる冬によく起こります。



凍結トラブルが起きている場合は、

緊急性がなければ自然解凍を待つことで再び使える可能性があります。



しかし「配管破損」などの2次トラブルが発生していたり

「すぐに給湯器を使いたい」などの緊急性が高い場合は、

ガス業者に依頼することをお勧めします。

この記事を書いた人
櫻嶋 祐典 サクラジマ ユウスケ
櫻嶋 祐典
お客様の要望を第一に お部屋探しとことんお付き合い致します(╹◡╹) 当社で自社他社問わず物件把握率NO.1と自負しております♪ とりあえず物件名を教えてください☆ 探せない物件はありませんよ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪ そして!私事ですが2018年1月16日に第一子誕生! いやーホント我が子となると可愛いし 何といっても毎日ちょっとした成長も楽しめるのが一番の幸せです☆ やんちゃになるたまにおっきな声を出しちゃう娘がいるからこそのお部屋アドバイスできますよ♪ 私事ですが引越しを多数経験済み! 熊谷市(旧大里町)出身育ち→深谷市 →2018年夏まで東松山市に住んでおりました。 その後本庄市児玉町→寄居町に2年ほど住んだ後 現在熊谷市の一戸建てに住んでます(*ノωノ) 色々引越しラッシュを経験しているので引っ越しの大変さなど 色々と実体験でお伝えできるかもしれませんよ(笑) お気軽にお声掛け下さい!
subdirectory_arrow_right

関連した記事を読む

arrow_upward