9:00 - 18:00
毎週水曜・第1・第3火曜
2020年09月03日
ブログ

上杉謙信公の「義の塩」って知っていますか?

上杉謙信公の「義の塩」って知っていますか?
【敵に塩を送る】
戦後時代、甲斐の武田信玄公が三国同盟を破り駿河へ侵攻
した報復として、駿河の今川氏が相模の北条氏と図り、
報復処置として信玄公の領国へ塩を送る事を全面的に禁止
しました。この「塩留め」により武田氏の領民が苦しんで
いる事を知った上杉謙信公は、「信玄と争うところは、
弓箭(戦争)にある。米塩ではない。」と、以前同様に
塩を輸送しました。塩を止めれば、宿敵である武田信玄公を
苦しめる事ができたと思います。でもしませんでした。
謙信公は、民百姓を苦しめる訳にはいかないと。
武田の領民は謙信公の高義を深く感じ、「義の塩」として
徳を称えたと言われています。
武田信玄公の甲斐の国は、現在の山梨県です。よって、海に
接していないので、塩は領国では手に入りませんでした。
我が謙信公、さすが毘沙門天の化身である。

相続・老人ホームの事なら、お気軽にご相談下さい。
相続支援コンサルタント
家族信託コーディネーター
サードライフアドバイザー
介護予防健康アドバイザー
終活アドバイザー
認知症介助士      の前田でした。

この記事を書いた人
前田 伸也 マエダ シンヤ
前田 伸也
東上不動産入社25年目です。賃貸、アパート管理、売買仲介、相続対策何でもお任せ下さい。最善のご提案をさせて頂きます。
store

会社概要

株式会社東上不動産
arrow_upward